2013年05月28日

発売元:ツカモトエイムの商品紹介

発売元のツカモトエイムはたくさんの家庭用医療機器・美容家電を扱っています。

今回、私が気になっているのはボディアップチェアです。

腹筋運動だけでなく、背中のストレッチ運動ができる座椅子です。
座椅子の機能としても、枕つきなのでテレビを見る姿勢が楽そうなので気になっています。
ハイバックの座椅子は見かけるのですが、枕つきは見かけないもので。
というのもリクライニング機能を使い、背中を倒して座ったらなんともテレビが見えにくい。目が疲れる。少し頭を高くできるとラクにテレビが見えそうだからです。
どちらかと言えば、運動できる座椅子というコンセプトは2の次です。
ボディアップチェアはこちら

エアーリラックスチェアAIM‐120はこちら
posted by 河内山 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

エアーリラックスチェアAIM‐120のメーカーは?

エアーリラックスチェア AIM‐120のメーカーはツカモトエイム株式会社?それとも株式会社 惣田製作所?
実は説明書を見て疑問に思いました。
説明書には
発売元:ツカモトエイム株式会社
製造販売元:株式会社 惣田製作所
と記載されています。

エアーリラックスチェア AIM‐120のメーカーはどちらになるのでしょうか?
発売元と製造販売元の違いは何でしょう?
調べてみました。

医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器(医薬品等と総称されている)は薬事法という法律により安全性と、有効性が確保されています。薬事法には、「製造販売業」「製造業」の承認・許可制度の他、販売名、製造販売業者、ロット番号、全成分表示などの法定表示や、製品の有効性と安全性を確保するための必要規制、誇大広告等の禁止などの広告規制も含まれていて、薬事法の規制をクリアしなければ、薬事法違反となります。

「製造販売業」「発売元」の違いとは?
「製造販売元」とは、製造・輸入した製品を市場へ出荷する業。 薬事法上「製造販売元」の許可を取得しなければ、化粧品・医薬部外品の製造販売はできない。製造販売元というのはその化粧品の全責任を負う立場です。発売元は、製品の販売をしているだけで、薬事法上の責任者ではない。

というようなことがわかりました。

つまり薬事法に該当するエアーリラックスチェア AIM‐120は
製造は株式会社 惣田製作所、販売はツカモトエイム株式会社が行うということ。

メーカーは株式会社 惣田製作所ですね。

保証期間が1年(本体)つきというのは安心して購入できますね。
posted by 河内山 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

エアーリラックスチェアAIM‐120をおすすめしたい人

エアーリラックスチェア AIM‐120をおすすめな人を書いていきます。エアーリラックスチェア AIM‐120はどんな人におすすめでしょうか。

男性、女性の別にかかわらず、40代の方にオススメします。会社の中枢となる年齢で何かとプレッシャーも多いと思います。体をリフレッシュする時間もないことでしょう。
帰宅時間が10時以降でも、ゆっくりと安らぎたいと思っている40代の方に。
とくに
大型のマッサージ機は部屋が狭くなるという方。
あんまマッサージに通うほどの凝りではないという方。
冷えと凝りを同時でケアしたい方。
座椅子タイプですので、家族みんなが使えます。
ちょっとした凝りを感じる年代の方には手頃な価格で機能性も抜群なリラックスチェア、医療機器の認証も受けています。

エアーリラックスチェア AIM‐120をおすすめしたい人を紹介しました。
次の記事ではエアーリラックスチェアのメーカーを紹介します。
posted by 河内山 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。